最近

最近考えていることといえば、遊ぶこと、短期的に見た仕事のこと(このタスクどうしようとか)、長期的に見た仕事・キャリアのこと、自分の健康のこと、思い出のこと、ぐらい。

夫は休日家にいるのが好きではなく、お出かけするのが好き。私はけっこう出不精なので、別に出かけなくても良いかなと思っているけれど、最近は、あちこち遠出するのも良いものだなと思うようになってきた。良い景色見て、美味しいもの食べて。次はどこにお出かけしようかなということは最近いつも考えている。

短期的に見た仕事については、結構ポジティブに考えられることも多い。一方、長期的にどうしていくかについては、もう自分でもどうしたらいいのか全くわからない、という状態。半年あまり今の職場の人たちを見ていて、ああいう風に働くのは自分には無理なんじゃないかと思っているところ。いまはできることが少ないので負荷は少ないけれど、これから忙しくなっていくだろう。私は、病院で診断されたわけではないけれど、これまで何度かひどく鬱っぽくなったことがあって、もうそういう風にはなりたくないと思っている。先輩たちと同じように働くと、きっとまた鬱っぽくなるタイミングが来てしまう気がする。それに、いつか子供も欲しい。自分も夫も実家が遠方。夫は残業少なめ、ある程度働く時間にも裁量があるので、私も働き方を少し変えることができればなんとかなるかもしれない。けど、先輩たちのような感じで働いていくのは多分無理・・・。細くなってしまっても良いから、社会と繋がって働くということを続けていきたい。どうにか叶えたい。

健康については、最近少し自信がなくなってきて。月10時間ほどの残業のあるデスクワークなのだけど、8時間*5日間の勤務が体にこたえるようになってきた。精神的に、まだまだ慣れない環境で緊張しているのがあると思う。新しく覚えることばかりだし、教えてもらうことばかりなので、心が疲れるのだ。夜になるとクタクタで、頭が痛かったり、胃が痛かったり。ものすごく忙しい時って、アドレナリンが出るのか、不思議と疲れを感じなかったりするけれど、そうではなく、疲れた疲れたと体がちゃんと認識している感じ。それはそれで良いことなのかもしれないけど、これをずっと続けていく自信がない、とにかく体が重い。夜のうちに疲れを癒す、ということを最近はよく考えている。食事の時に噛む回数を増やすとか、ゆっくりお風呂に浸かるとか、スマホを見る時間をセーブするとか。あと、寝る前に温かいアイマスクと良い香りでリラックス。白湯を飲んだり。いたわりながらやっている。

そういう、リラックスのための時間に思い出すのは、楽しかった時間のこと。特に結婚して、一緒に住み始めてからの時間は宝物。こういう楽しい思い出のためにこれまで生きてきたんだ、宝物があるからいきていけるんだと、大げさじゃなく本当に思っている。いつまでも大事にしていきたいし、これからもそういう時間を二人で増やしていきたい。

そういう感じ。しばらく出張で夫がいないので、自分の体や将来のことをよく考えていきたい。

そういえば最近、ひさしぶりに映画を見た。「きみの鳥はうたえる」。楽しい時間を過ごす時、私はよく、この楽しい時間は永遠には続かない、楽しい時間の後でものすごく悪いことが起こるのではないか、と思うんだけど、そういう気持ちが強く呼び起こされる映画だった。楽しい時間の後で、悪いことが起こるかどうかはさておき、それは永遠に続くものではないというのは確かでしょう。3人も同じようなことを考えて時を過ごしていたような気がする。居心地が悪いけど、その居心地の悪さに夢中になってしまった。お休みの日の夕方から夜にかけてみた。見ていた時間は2時間ほどなんだけど、物語の中で何日間もの間をすごしたので、自分の休日の時間が伸びたような少しお得な気持ちになった。