20171014 突貫工事の失敗、迷っていること、楽しかったこと

ここ1か月の主な出来事。

まず突貫工事に失敗して、すっかりしょげてしまった。かなり厳しい納期と、いい加減な仕様。力のない私が突貫工事。当然のように失敗していることがあとからわかり、まわりはざわざわ。そして結局、もっとよくできる人たちがやり直す。という一連の流れが何度かあり、すっかりしょげてしまった。能力がないのは自分だし、そんな自分に「工事」をする機会をくれたことには感謝しないといけないと思う。けど、この流れはなかなか辛いものがあった…。もっと面の皮を厚くしないと、こんなことに傷ついていてはいけないと思う。本当にすっかりしょげてしまいました。長時間労働によるダメージとのダブルパンチ。

そして、迷っていること。

自分の能力不足について悩み、能力不足の私を生んだ職場環境について悩み、これからの人生どこでどうやって働いて生きていきますかということについて悩み…すっかり迷い、迷子になって、どの道にもふみだせず、動けなくなってしまっている。

まあ、いま悩んだり、大きな決断をするのはあまりよくない気はしている。すっかり心がしょげてしまい、疲れもたまっている状態。こんな状態で、まともに答えを出せるはずがないね。いまは、いろいろお休みして、力をためるときだなという感じがする。まあ仕事は休めないんだけども、ぼちぼちやろう。

そんな中でも、楽しかったこともあり、良かった。やっぱり家族や親しい人との時間は好きだ。そして、きれいなものを見るのも好きだ。運慶展、フランス人間国宝展ともにとても素敵だった。運慶展は展示替えに合わせてもう一回行きたいと思う。