20170909 コンサート

3か月ぐらいかけて、ようやくプログラミングの基礎的な本を2冊読み終えた。もちろん、サンプルコードを書き写したり、自分なりに機能を拡張してみたりしながら。新人研修の時、よくわからないまま書いていたところは、改めてゆっくり勉強してみると、ああ~これこういう意味だったんだ~と思うことができた。あの時もっと自分で時間とって勉強しておけばよかったなと思わなくはないけど、まあ、いま少しずつでもやっていっているので良しとしよう。

あと一冊、この本はやっておきたいなあと思うのがあるので、これからはその本での勉強を進めつつ、ちょっと自分用に小さなアプリを作っていこうとしている。いまはまだ、こういう機能がほしいな~とか、こういう感じでつくるのかな~と、思いを巡らしつつ、お絵かきをしている段階。なんかついついいろいろ詰め込みたくなってしまって、あ~あという気持ちなる、けど、詰め込むのをやめられない…何を削ればいいのだろう…という感じになってしまう。自分で一から作るって難しいんだなあというのを既に実感しているところ。けど、自由でとっても楽しいなという感じももちろんある。

今日はコンサートへ出かけた。いろんな和楽器奏者の人が、持ち時間30分ぐらいずつで曲を聞かせてくれる。もともと聞きたいと思っていた演奏以外にも、良い演奏がたくさんあった。ある演奏家の人が言っていた、「伝統に忠実にやっていく人、伝統を守りつつすこしアレンジしていく人、ぶっ壊してやっていく人、全部のタイプの人がいてこそ」みたいな。とても良い話だったと思う。自分のスタイルを持ちつつ、ほかのスタイルも尊重している方なんだという感じがした。歴史や現状を把握して、自分がしてきたことやしていることをそのなかに位置付けられているんだろうなあ…。私もそういう風に社会の中で生きていきたいものだな~。