20170630

今週は、「これ、やったほうがいいかなあ…でもこれやると変な奴だと思われるかもしれないしやめとこう」ということでやらなかったことがあったんだけど、結局「きちんとやったほうがいいですよ」と注意というかアドバイスを受けて、とっても落ち込んだ。人に対する気遣いみたいな、気持ちよく働くためにできるちょっとしたことで、自分が「これやったほうがいいかな」と思うことは、する、しよう!って思った。

落ち込みすぎたからかなのかなんなのか、体調を崩してしまったけれど、家でなんにもせずにぼーっといろいろ考えて、よし、またがんばっていこうという気持ちになっている。

がんばりたいけど、自分はあまりに恵まれていないし、そんななかで少々頑張ったところで意味がなさそうだとか思うこともある。けど、やっぱりやっていくしかないなあという感じ。結果が出るか出ないかはわからないけれど、やっていくしかないのだ。

社会人の勉強は難しい。やるべきこと、やりたいことは膨大にあるし、周りの人たちとの差はとっても大きく見える。一日、最低でも8時間職場にいるわけだけど、その職場で何に、どう取り組むかって、自分ではコントロールできない部分も大きいし…。あえてそういうことを考えないようにして、淡々とやっていくのが大切っぽい。

20170624 最近思っていることとか

  • なんとなくそういう気分になって、少し早く起きて勉強する、みたいなことはできてきている
  • けど、ぼんやりと想像している到達点に対して、自分が勉強していることがあまりに初歩的で、途方もない気持ちになることが多い
  • 仕事は、"重要な" 単純作業。自分がしている作業の "重要性" はわかっているけれど、単純作業ばかりなのは辛い、という状態
  • 単純作業が嫌なわけではない。単純作業であっても自分は集中してこなすことができるし、集中するのは好き。けれど、自分が積みたい経験を積ませてもらえていないので辛い。不安になる
  • 自分はこの先何ができる人になれるんだろう。真っ暗である
  • 1年働いて、手ごたえのある経験を積めたのは2か月ほどか。それ以外の期間は、単純作業をしているか、何もすることがなかったかのどちらかだった
  • 環境に負けてはいけないと、自分で勉強をしよう、個人でできる範囲で経験を積もうとはしている。しかし、うまくいかない
  • 地方都市にいる恋人と早く一緒に住んで、子供を産みたい。できれば20代のうちに。しかしその場所に仕事はあるんだろうか。どんな仕事があるのかも、自分に何ができるのかも、何がしたいのかもわからない。真っ暗
  • 専業主婦になろうか。恋人はそれでも良いと言ってくれている。しかしお金は大丈夫だろうか、子供ができたあととか。離婚や死別のことを考えると、自分でお金を稼ぐ手立ては持っておきたい。たとえばこれからしばらく、子供がある程度大きくなるまではパートなんかで負荷をセーブして働きつつ経験を積んで、育児が落ち着いたら経験を生かしてしっかり働くとかはできるんだろうか。そういう風にできたら、一番幸せだろうと思う
  • そんなことはできないというのが世間の意見なんだろうけれど、時代は変わっていくんだろうか。もちろん、今の世の中でもそういう生き方をしている人はいるだろう。でも私にそれができるかな…
  • 将来への不安でもう頭が回らないような状態。将来への不安と銘打って、怠惰したいだけなのかもしれないがわからない
  • 就職したばかりのころは楽しかった。しかし単純作業の長時間労働、他人の都合に振り回される働き方、作業がなくなると放置され暇を持てあます、そんなことがほとんど1年間続いて、すっかり心が重くなってしまった

20170611 名曲演奏会 素敵な音 ケーキとコーヒー

今日は楽しみにしていたコンサート。ミューザ川崎での名曲演奏会に行った。お目当ては伊福部昭の日本狂詩曲。コンサートですでに何度か聞いたことがあったけれど、今日の演奏が一番好みだったかもしれない…。どっしりとしていて、地面をはいつくばうようで、でも上品さというか、気高さみたいなものもあって。思わず涙が出てしまった。

ほかの曲もとても華やかで楽しくて良いコンサートだった。実はプロのサックスの演奏を生で聞いたのは今日が初めてで、あまりにいい音なのに驚いてしまった。ねっとりとしていて、立体感があって、乾きがあって…わあ~素敵と思いながら聴いた。

いろいろな楽器があって、それぞれに、それぞれの音がある。あと人は歌を歌う。人の歌声は楽器の音とは違うし、人によって歌声は違う。楽器の”良い音”とか、人の”良い歌声”って、それぞれ音自体は違っているけど、似通ってるところがあるような気がして、不思議だなあと思う。自分が良いと思う音が似通っているのか、それとも人間が良いと思う楽器や人の声って共通する要素を持っているものなのか…。

外食をしてから、デパートでケーキを、スタバでラテを買って帰宅。一日中外で過ごしたので、家で過ごすとほっとする。ストレスや退屈からついつい手を伸ばしてしまうのでなくて、楽しみにして、楽しく選んで食べる甘いケーキっておいしい、幸せの味がする。こんな週末を、これからも過ごせますように、という気分になるな。

遠くに住んでいる恋人から、こんなもの見つけたから買っといたよと連絡が。かわいいかわいい陶器のストラップ。私が好きそうなものを見つけてくれることがうれしいし、見てみると実際好きなものなのでとっても嬉しい。良い一日だったなあ~。

20170609 自分の仕事の仕方

久々に忙しさが戻ってきて、なんとか乗り切った1週間だった。つかれた…。

職場に一つ上の先輩がいる。自分に比べてずっと知識が豊富で、周りから頼られる存在。そのうえ仕事が楽しくて仕方がないと言っている。確かにそうだろうな、と思う。期待されて、頼られて、経験を積んでまた知識が増えて。楽しいだろうな。自分とは一年間の差があるとはいえ、バックグラウンドも違うとはいえ、あまりに差が大きいと思う。

今日は自分と先輩、何が違うのだろうかと考えていた。先輩の方がよく仕事ができる、何でも知っている、人脈もある、とかじゃなくて、どうやって働いているのか?みたいなところの違いを、これまでを思い出しながら考えていた。そうしているうちに、ここが自分とは違う、ということに思い当たった。

先輩は、大雑把にいうと、なんにでもすぐ首を突っ込んで、自分のできることをして、自分で引き受けようとする。一方自分は、自分の仕事はこれ、ここまでです、という態度だ。

たとえば仕事中、なにか問題点っぽいことに気付いたとする。先輩は、問題点っぽいことが、そもそも本当に問題なのか、問題なのだとしたら、何が原因でどうしたら解決できるのか、調べたり、人に聞いたり、考えたりする。そして、こういう問題があって、これが原因で、こうすれば解決できる、とリーダーに報告する。じゃあその解決策をやってみてよと頼まれる。一方の自分は、こういう問題点っぽいものを見つけました、とリーダーに報告する。それで終わり。問題を見きわめたり、原因を調べたりする仕事にアサインされるのは、自分以外の人。

先輩は、割り振られた仕事以外にも、自分で仕事の種を作って、仕事をして、いろんな経験を積んで、知識を増やしていっているんだろうと思った。でも自分は、割り振られた仕事をするだけ。割り振られた仕事は精一杯やろうとしているけれど、それだけ。大きな違いが見えて、こんなに違うんだなあ…としみじみ思った。

しかし、仕事をする上で、自分の姿勢は駄目な姿勢で、先輩の姿勢は良い姿勢なのか?と考えると、必ずしもそうとは思えない。先輩は、そうういう仕事の仕方をしているぶん、遅くまで残って仕事をしていることが多い。そんなに重要ではないけれどいつかやらなくてはならない類の仕事を、やらないままたくさん抱えている。事務処理やなんかをやり忘れていることも多い。自分は、比較的早く帰ることが多い。仕事はそんなに重要でないものもさっと片付ける。事務処理も早めにするし、事務的な手続きの取りまとめを周りから任されてこなしている。

私は、早く仕事を終えて、さっと家に帰り、本を読んだり運動したりしたいし、心身の健康のために早寝したい、睡眠をたっぷりとったうえで早めに起きて勉強時間にしたい。いつかやらなきゃならない仕事は気持ち悪いのでさっと片付けたい。事務処理も気持ち悪いのですぐに片づけたい。私の今の仕事の仕方は、自分がしたい生活の仕方、仕事の仕方をするために私自身が選び取っているものなのだと思う。

なんとなく働く上でよさそうなのは先輩の様な姿勢だ、と思ってしまうところがあるけれど、では自分にとってはどうなのか?と考えると、良いものだ、と言い切ることはできない気がする。自分の仕事のし方は良くない、社会人としてだめだ、と否定してしまわないで、自分の仕事の仕方は自分自身が選び取っているものなのだということをちょっと大事にした方がよさそうだ。いま選んでいる仕事の仕方を、大きく変えて先輩の様な仕事の仕方を選ぶにしろ、小さく改善するにしろ、どっちがいい、悪いではなく、今の仕事の仕方は自分自身が自分のために選んだものなのだ。それを忘れないと、良くない選択をしてしまう気がする。

20170607 心配事の解消、トマトと卵

今日はここ数日の心配事が無事に解消されてよかった…。試行錯誤の甲斐がありました。もっと知識つけないとなあと思う。

夜はトマトと卵の炒め物。初挑戦だったけれどおいしくできてよかった。火を通すと、トマトの甘みとみずみずしさが際立つ。夏にぴったりな料理。また作ろう。

将来について悩むことは多い。悩んでいるときって、自分にはあまり時間がないんだ、という考えで頭が支配されている。確かに時間はあんまりない。これから何にだって挑戦できる、どういう道にだって踏み出せる、という年齢かというと、そうではない。けど、あまり時間がない、時間がないと思いすぎなくても良いような気がしてきた。たしかに時間がないと言えばないけれど、あると言えばあるよなあ~と。まだまだ時間はある、余裕余裕、と思いすぎるのは良くないけれど、時間がないと思って不安がるのも良くない。時間があるとか、ないとかじゃなくて、自分の今の年齢があって、自分がこれからやりたいこと、やらなくちゃならないと思うこと、そしてそれらをいつまでに達成したいのか?があるだけだ。淡々としていられたらいいと思う。

20170606 妹 はやおき

昨日の夜寝る前、妹とくだらない話をラインでしてたのしかった。

今朝は少しだけ早起きして勉強。ここのところできてなかったから良かった。

20170605 クッキー 新しいこと

今日からまた仕事。1週間のんびりとした気持ちで過ごせるといいな~、と思いながら出勤…したものの、あんまり余裕のない一日だった。それでも、新しいことを知って、やってみて覚えて、なんだか充実感があった。要領よくはできなかったし、そのせいでチームの人に迷惑もかけてしまった。そこはよくなかった。けど、自分で一生懸命考えながらすると、失敗してしまったことや上手くいかなかったことを通して、次に頑張りたいことがちゃんと見えてくる。これは久々の感覚で、とっても嬉しかった。

会社の中で、どんな仕事を自分がするか、それは自分には決められない。だから時と場合によっていろいろな仕事をすることになる。今の自分はどうやら、どんな仕事をするかによって、どんな気分になるかが大きく変わるみたいだ。今日みたいに、いろんなことを覚えたし次への目標も出来てよかったなと思うこともあれば、正直なところ、手を動かしながらもんもんとしてしまうこともある。どんな仕事をするかによってそんなふうに気分が左右されていてはもったいないので、どんな仕事をするときでもよかったなと思えるような取り組み方とかとえら方みたいなのを見つけたいなと思う。

それにしても、今日お土産でもらったクッキーおいしかったな…名前を見ておけばよかった。