沖縄旅行のこと

じいちゃんとばあちゃんと一緒に家族で旅行に行くのが、ここ数年の間、秋の恒例行事になっている。私が孫として参加するようになったのは去年からで、今年は沖縄へ旅行した。じいちゃんとばあちゃんは、年に数回帰省している私の実家の近くに住んでいる。帰省すると、一緒に家で食事をするぐらいのことはあるが、一緒に出かけることはほとんどない。一緒にいろいろなところへ行き、長い時間を一緒に過ごす、という機会は、この年に一回の旅行ぐらいしかない。

一緒に知らない場所を旅行すると、じいちゃんとばあちゃんが年をとったということを強く感じる。歩くときは足が上がらず、よたよた。いろいろ食べたいものがあっても、その気持ちに胃腸が追いつかず、食べきれない。声がやたらと大きい(耳が遠いから?)。次にあそこへ行く、ここへ行く、ということを考えられない(●●へ行ってみる?と聞いても、なんとなく理解していなさそうに見える。聞いたときは、うんうん、それでいい、というが、しばらくすると、次はどうするんだ?とこちらに聞いてくる。いつも上の空っぽい感じ)。勝手がわかっている家の中に比べて、知らない場所にいるじいちゃんとばあちゃんは本当に年をとって見える。

旅行の最中、じいちゃん、ばあちゃんはいま、どういう気持ちなんだろう、と考えた。きっと人生の中で沖縄に来るのは最後になる、こんな遠いところまで来ることも、もうないかもしれない、飛行機に乗ることだって、もうないかもしれない。自分がじいちゃん、ばあちゃんぐらいの年だったらそう思う気がする。もちろん、私だっていつどうなるかわからない。もう沖縄に来ることも、飛行機に乗って旅行することもないかもしれない。けどそれは、そういうこともあるかもしれない、というだけで、また来ようと思えばいつでもこれるし、行こうと思えば飛行機や電車に乗ってどこへでもいける、というのが基本的な気持ちである。では、じいちゃん、ばあちゃんはどんな気持ちだったんだろう。

沖縄では、那覇と離島を訪れて、観光名所をいくつか巡った。そして、ソーキそば、タコライス、あぐー豚、伝統的なお菓子など、沖縄らしい食べ物も楽しんだ。じいちゃん、ばあちゃんは足がもう悪いので、移動は基本的にタクシーである。こんなにタクシーに乗ったのは初めてだ、というぐらいたくさん乗った。人数の都合で、2台のタクシーに分かれて移動するのだけれど、1台しかつかまらないこともあった。そういうときは、私とわたしのきょうだいが徒歩とバスやモノレールで移動し、残りのメンバーが1台のタクシーで移動した。

じいちゃんばあちゃんは、ときに楽しそうで、ときに楽しいのか楽しくないのかよくわからない感じだった。あの、お年寄り特有っぽい、ぼーっとした感じのことも多かった。疲れていたんだと思う。旅の疲れが後から出ないといいんだけど、と旅行の最中に何度も思った。家に帰るまでが遠足です。じいちゃんとばあちゃんは、こちらがびっくりするぐらいたくさんお土産を買った。近所の人とか友達とかに配るとのこと。みんなにお土産を配って、旅行の話をするところまで、どうかめいいっぱい楽しんでほしいな。

年をとったじいちゃんとばあちゃんを見ていると、二人が死ぬときのことをどうしたって考えてしまう。じいちゃんやばあちゃんが死んでしまったとき、二人の中にきっとあるであろうこの旅行の思い出も、ほかのいろいろな素敵な記憶もはじけて消えてしまうとしたら、とても悲しい。もちろん、今回の旅行の楽しい思い出は、私の心の中にもあるけれど、それだって私が死ぬときには無くなってしまうものなのかもしれない。死んだ後、もうこれ以上、新しく楽しい思い出は作れないけど、これまでの思い出はいつでもまた思い出せるからね、ということならいいんだけどな。

最近

最近考えていることといえば、遊ぶこと、短期的に見た仕事のこと(このタスクどうしようとか)、長期的に見た仕事・キャリアのこと、自分の健康のこと、思い出のこと、ぐらい。

夫は休日家にいるのが好きではなく、お出かけするのが好き。私はけっこう出不精なので、別に出かけなくても良いかなと思っているけれど、最近は、あちこち遠出するのも良いものだなと思うようになってきた。良い景色見て、美味しいもの食べて。次はどこにお出かけしようかなということは最近いつも考えている。

短期的に見た仕事については、結構ポジティブに考えられることも多い。一方、長期的にどうしていくかについては、もう自分でもどうしたらいいのか全くわからない、という状態。半年あまり今の職場の人たちを見ていて、ああいう風に働くのは自分には無理なんじゃないかと思っているところ。いまはできることが少ないので負荷は少ないけれど、これから忙しくなっていくだろう。私は、病院で診断されたわけではないけれど、これまで何度かひどく鬱っぽくなったことがあって、もうそういう風にはなりたくないと思っている。先輩たちと同じように働くと、きっとまた鬱っぽくなるタイミングが来てしまう気がする。それに、いつか子供も欲しい。自分も夫も実家が遠方。夫は残業少なめ、ある程度働く時間にも裁量があるので、私も働き方を少し変えることができればなんとかなるかもしれない。けど、先輩たちのような感じで働いていくのは多分無理・・・。細くなってしまっても良いから、社会と繋がって働くということを続けていきたい。どうにか叶えたい。

健康については、最近少し自信がなくなってきて。月10時間ほどの残業のあるデスクワークなのだけど、8時間*5日間の勤務が体にこたえるようになってきた。精神的に、まだまだ慣れない環境で緊張しているのがあると思う。新しく覚えることばかりだし、教えてもらうことばかりなので、心が疲れるのだ。夜になるとクタクタで、頭が痛かったり、胃が痛かったり。ものすごく忙しい時って、アドレナリンが出るのか、不思議と疲れを感じなかったりするけれど、そうではなく、疲れた疲れたと体がちゃんと認識している感じ。それはそれで良いことなのかもしれないけど、これをずっと続けていく自信がない、とにかく体が重い。夜のうちに疲れを癒す、ということを最近はよく考えている。食事の時に噛む回数を増やすとか、ゆっくりお風呂に浸かるとか、スマホを見る時間をセーブするとか。あと、寝る前に温かいアイマスクと良い香りでリラックス。白湯を飲んだり。いたわりながらやっている。

そういう、リラックスのための時間に思い出すのは、楽しかった時間のこと。特に結婚して、一緒に住み始めてからの時間は宝物。こういう楽しい思い出のためにこれまで生きてきたんだ、宝物があるからいきていけるんだと、大げさじゃなく本当に思っている。いつまでも大事にしていきたいし、これからもそういう時間を二人で増やしていきたい。

そういう感じ。しばらく出張で夫がいないので、自分の体や将来のことをよく考えていきたい。

そういえば最近、ひさしぶりに映画を見た。「きみの鳥はうたえる」。楽しい時間を過ごす時、私はよく、この楽しい時間は永遠には続かない、楽しい時間の後でものすごく悪いことが起こるのではないか、と思うんだけど、そういう気持ちが強く呼び起こされる映画だった。楽しい時間の後で、悪いことが起こるかどうかはさておき、それは永遠に続くものではないというのは確かでしょう。3人も同じようなことを考えて時を過ごしていたような気がする。居心地が悪いけど、その居心地の悪さに夢中になってしまった。お休みの日の夕方から夜にかけてみた。見ていた時間は2時間ほどなんだけど、物語の中で何日間もの間をすごしたので、自分の休日の時間が伸びたような少しお得な気持ちになった。

日記

父の実家があり、子供の頃はよく遊びにも行った場所が、豪雨で被災した。めちゃくちゃになった街の様子をニュースで見ると、とても悲しい気持ちになる。ふるさと納税の制度を利用して、少しだけど、自分としては結構思い切った額を寄付しておいた。

 

パナソニックのドルツ という電動歯ブラシを買った。電動歯ブラシを買うのはこれが初めて。歯がツルツルになってとても良い。磨けているところは、とても綺麗に磨けているという感じ。ただ、まだ不慣れなので、なんとなく磨けていなさそうなところも残ってしまう。舌で触るとわかるのだ。磨き残しを赤く染める薬を買って、磨き方を訓練しよう。

こういう、生活を改善するような買い物ってとても良いな。今回はわりと高額なものだったけれど、100円とか200円とかでもそういうお金の使い方を増やしていきたいな。

 

 

 

日記

悪天候のため予定していた外出は取りやめ。家でゆっくりと過ごした1日だった。幸い、豪雨の被害はうちにはほとんどなかった。けれど、少し車を走らせれば、洪水や土砂崩れの被害を受けた場所もたくさんあるよう。自宅や職場などが水につかった人たちは本当に大変だろう。私も、洪水などの被害を受けることはないだろうと思いつつも、やはり昨日一昨日はうまく眠りにつくことができなかった。

家では、勉強をしたりカレーを作ったりして過ごした。勉強、なかなか進まないし、覚えられない。それでも、やらないよりはずっとましと言い聞かせてやっていく。

 

今年のゴールデンウィーク

新しい職場に来て、長期休暇が取れるのかよくわからず不安だったけれど、とりあえずゴールデンウィークはカレンダー通りの休み+年休を取ることができた。夫と一緒に暮らし始めて初めてのゴールデンウィーク。とても幸せで楽しい時間だった。

 

1日目の前日

いよいよお休みだ!ということで、夫と一緒に炭火焼の店へ行った。美味しく、たくさん食べた。らっきょの天ぷら、初めて食べたけれどとても気に入った。

 

2日目

美容院、歯医者など、用事を済ませた1日。

 

3日目

鳥取旅行へ出発。途中で寄った道の駅でのお昼ご飯が思いがけず美味しかった。温泉旅館で、夫の両親、祖父母と合流。あれこれお話ししたり、お風呂に入ったり・・・。やはり気を使うので、もちろん疲れはあったけれど、楽しい時間だった。両親や祖父母が夫のことをとても可愛がっていることが伝わってきてとても良かった。

向こうの家族、とくにおじいさんは結婚式をきちんとあげてほしいようだ。ただそうしてほしいというだけでなく、私の家族を気遣って、結婚式ぐらいあげたほうが、と行ってくれていると思う。自分はやりたくないと思っているが、迷う気持ちも出てくる。けどやっぱりやりたくない・・・。結婚式をやるかどうか?ということについて、夫の意見が薄く、やらないという決断が私に任されているような感じがしていて少しモヤモヤする・・・。というようなことを考えて、眠れなくなってしまった。

 

4日目

周辺をすこしみんなで観光して、お昼過ぎに解散。この日は夫と二人で鳥取に宿泊。居酒屋で晩御飯。良い雰囲気のお店だった。

 

5日目

鳥取砂丘へ行った。とても良かった。登りきったところでみんな座って海を見ていたのが良かった。砂丘を満喫した後は道の駅などによりながら自宅を目指した。とても幸せな時間だったな。

 

6日目

久々にジムでしっかり泳いでぐったり・・・。肉肉しいハンバーグを食べて回復!といきたいところだけれど、あまり回復はせず、ぐったりしていた。実家へ持っていくための手土産を買いに行った。

 

7日目

自分の実家へ帰省。いとこやおばも帰ってきていてにぎやかだった。夫はさぞ疲れたと思う。おつかれさま。

とてもかわいがってくれている親戚が、数年前から病気で、最近はいよいよ治療するのも難しいような状態になってきている。もうこれで会うのは最後かもしれないなと思うと、どういう風に接したらいいのかわからなくて戸惑ってしまう。普通に接するけれど、本当はもっといままでのことのお礼を言いたいなと思う。でもそんなのはなんだかもう会えなくなるかもしれないと思っているみたいで(思っているのに)ダメなんじゃないかと思う。どう接したらいいかわからない上、病気で大変な思いをしているところ、相手を傷つけてしまったかもしれない。ぽろっと言ってしまった後で、もしかして嫌な思いをさせたかもしれないと気づいて、でも私が言ったことを起点に話題が続いてしまって、ほんとうに申し訳ないと思った。けど謝るのもなんだかわざとらしくて変な気がして、どうすることもできなかった。夜布団に入って色々考えてしまって眠れなくなってしまった。

 

8日目

みんなでイタリアンを食べた後、観光。こんなにたくさんでお出かけするのは本当に久しぶりのことで、とくに祖父母が楽しそうで良かった。私も楽しかった。幸せな時間だった。

 

9日目

今日。朝からカレーを食べにお出かけ。おいしかった!大好きなお店なので、長く続いてほしい。たくさん食べに行こう。そのあとショッピングモールをぶらぶらして帰宅。久々に本屋でのんびりできて良かった。ジムに行く予定だったけれど、体調もすぐれない(天気悪いから?)ので家でゆっくりした。おやつを食べたり、お茶を飲んだり。

晩御飯はジャンクフードやらポップコーンやら。連休最終日にふさわしいめちゃめちゃな食事だった。


 

 

 

 

 

 

 

20180410

夜ごはんにカレーとナンを作って食べた。
ご飯を食べ終わった後、私はさっさと片付けをしたいタイプ。一方、一緒に住んでいる家族は、ゆっくりくつろぎたいタイプのようだ。食後の後片付けに限らず、私は夜は急いで家事をして、勉強やらなんやらしてから早く眠りたいのだけど、家族はそんな感じじゃない。寝るのも遅くていいみたいだし。
食器洗いとか、洗濯とか急いでやりたいのは私なので、自分でやるんだけど、やってるうちになんでわたしだけが?みたいな気持ちになってきて、よくない・・・。ちなみに、当番制を提案したこともあるけれど、家族はあまり乗り気ではない。
なんだかパッとしない気持ちだけど、家事の分担についてはちょっとずつ話さないとなー。
 

20180406-04007

4月6日
今日は誕生日のお祝いに家族と美味しい焼き鳥を食べに行った。まず良かったのは、お店までの移動!いっしょにてくてく歩くことそれ自体がとても楽しく幸せだった。それから、やきとりも他の料理もお酒も美味しいしく、おしゃべりもはずんでとても良かった。(偶然、家族の同僚がお店にいたのには少し緊張してしまった!)たくさん食べて、良い気分になって帰りも歩いた。桜が咲いている公園をすこしだけ散歩した。帰り道、寒かったので家族に上着を貸してもらって、それがとても暖かかった。ありがとう。
 
 
4月7日
ゆっくり眠って、二度寝もしてから家族に起こしてもらった。ごはんができたよ、と。キッチンに行ってみると、分厚いオムレツみたいなものが出来上がっていた。野菜がたっぷり入っていておいしかったなー。料理上手だ。今日はまだお誕生日のお祝いの続き。ということで、良さそうなケーキ屋さんを調べて、モンブランなどを購入。甘さ控えめで、綺麗な見た目で美味しいケーキだった。そのあと、近所のジムに入会!ついに。手続きの後、とりあえず家族と一緒に自転車のマシンを試してみた。初めての場所で、マシンの使い方もわからず、二人とも少し不安で、それがとても幸せで楽しかった。運動不足な状態からいきなり頑張りすぎて、家族は少し具合が悪くなってしまった。辛そうだったけれど、しばらくするとよくなったみたいで良かった・・・。ひどくないようでほっとした。
運動を頑張ったので、夜は肉にした。肉を焼いて、ワインを飲んだ。肉の焼き方をきちんと調べて、その通りにやってみたら、いつもよりずっとうまく焼けた。
全身に蕁麻疹が出て辛かったのですぐに寝てしまった。痒みで何度か目が覚めた。