落ち込みがちな日々。大事にしたいこと

あいかわらず、ずっと落ち込みがちな日々を送っている。仕事には行っているけれど、ふと涙が出そうになることが多い。そして、帰り道や家ではよく泣いてしまう。悲しくて、悔しくて、すごく怒っていて、涙が出てしまう。何かを、思い切り床にたたきつけたい気持ちになって、タオルとか、ティッシュペーパーとかを床にえい!ってやる。ふわっとしたものでしか、怖くてできないのだ。

落ち込みがちだけれども、良いところもある。自炊をわりとちゃんとしているし、最近始めた手芸が良くて、朝や晩に時間を見つけてやっている。日記も書いているし、プログラミングもやってみたりしている。これをとぎれさせないように、大事に大事にやっていこうと思う。たいらな気持ちでいられる時を大事にしていこう。

 

 

 

20171014 突貫工事の失敗、迷っていること、楽しかったこと

ここ1か月の主な出来事。

まず突貫工事に失敗して、すっかりしょげてしまった。かなり厳しい納期と、いい加減な仕様。力のない私が突貫工事。当然のように失敗していることがあとからわかり、まわりはざわざわ。そして結局、もっとよくできる人たちがやり直す。という一連の流れが何度かあり、すっかりしょげてしまった。能力がないのは自分だし、そんな自分に「工事」をする機会をくれたことには感謝しないといけないと思う。けど、この流れはなかなか辛いものがあった…。もっと面の皮を厚くしないと、こんなことに傷ついていてはいけないと思う。本当にすっかりしょげてしまいました。長時間労働によるダメージとのダブルパンチ。

そして、迷っていること。

自分の能力不足について悩み、能力不足の私を生んだ職場環境について悩み、これからの人生どこでどうやって働いて生きていきますかということについて悩み…すっかり迷い、迷子になって、どの道にもふみだせず、動けなくなってしまっている。

まあ、いま悩んだり、大きな決断をするのはあまりよくない気はしている。すっかり心がしょげてしまい、疲れもたまっている状態。こんな状態で、まともに答えを出せるはずがないね。いまは、いろいろお休みして、力をためるときだなという感じがする。まあ仕事は休めないんだけども、ぼちぼちやろう。

そんな中でも、楽しかったこともあり、良かった。やっぱり家族や親しい人との時間は好きだ。そして、きれいなものを見るのも好きだ。運慶展、フランス人間国宝展ともにとても素敵だった。運慶展は展示替えに合わせてもう一回行きたいと思う。

 

20170917 仕事のこと、台風の一日

仕事は、上手くいっているようないないような…。

とりあえず、出勤しているのになんにもやることはない!という状態は免れている、という点では上手くいっている。なんやかんや毎日仕事があったのがよかった。簡単なバグの修正や、その他、いろいろな細かい作業など。次の一週間も仕事がありそうなのでほっとしているところ。

ただ、実際の作業としては上手くいかないことも多かった。上司が期待しているような動きをできていないんだな~と思うことがちらほらあった。まあ、上司からの指示が曖昧だというのはある。上司自身も、自分が何を期待しているのかそこまで明確にできていないんじゃないかと思う。そういう状態で指示を出して、出てきた成果物を見て、あれ?となる感じっぽい。自分にはまだ経験が足りなくて、こういうときこうする、っていう基本動作が身についていていない部分が多い。だから、たとえば「調査して~」みたいな投げられ方すると、必要なことを、必要な程度行うのが難しいのだ。そこはまあ、指示を出してきた上司やほかの人に聞きながらちゃんとやっていくしかないんだけど。ただ、ほとんど自席にいない上司より、もうすこし密にコミュニケーション取れる相手から指示をもらいたい気もする…。仕事の進め方、考え方とか、きちんと見てもらいながらやってみたい。まあ、時すでに遅しだけど。

-----

今日は、明日は、やることあるのかな…とか、来月はどこのチームにいるんだろうとか、一年後何ができるようになっていて何をやっているのかなとか、そういうことが、わからなくて、心配で、不安だ。この不安な気持ちが、ちょっとずつ私の心の状態を悪くして行っている気がする。入社以来、ぽこぽことチームが変わって、仕事があったりなかったり。子どもでもできるような単純作業ばかりだったり。そういうことがあると、会社は頭数でしか人の配置を考えてないんだなという気持ちになってくる。会社の中で何処へ行くも、何をするも、ぜんぶプロジェクトの状況次第かーと思うと、自分はこれからいったいどうなるのか不安になってしまうんだな。

もうすこしだけ、先への見通しみたいなものを持って働きたい。ぜいたくなのかなー。でも今の状態はしんどい。目先の道が、見えたり、見えなかったり。見えても目先だけ。ひどいときは何も見えない。そういう感じ

-----

今日は台風の一日。とはいえ、関東に住んでいるので大したことはなかったんだけど。なんだか身体がだるくて一日中横になってぼーっとしていた。先週末は、映画にコンサートにと忙しかったし、こういう週末も良いかもしれない。疲れていたんだなー。

 

20170910 コンサート

本日もコンサートへ。たまたまだけれども、行きたいコンサートのチケットをとると二日連続になり、とても贅沢な気持ち。

今日のお目当ては、伊福部昭。素晴らしい熱演だった…。野蛮で今にも暴走し始めそうなんだけど、その寸前でぴしっとした理性が現れるような感じがした。いや~、かっこよかったなあ。コンサートは、こういうのを年に数回聴かせてもらえれば、それで十分満足できるな、と思いかけて、あれ?それってものすごく贅沢なことでは??と思い直した。そして、これからも、こういう演奏を年に何度かでいいから聴けますように。。。という気持ちになった。

-----

昨日に比べて、気持ちは少し上向き。まあ、考えても仕方ないし、みたいな思考が身に付きつつあっていい感じ。

20170909 コンサート

3か月ぐらいかけて、ようやくプログラミングの基礎的な本を2冊読み終えた。もちろん、サンプルコードを書き写したり、自分なりに機能を拡張してみたりしながら。新人研修の時、よくわからないまま書いていたところは、改めてゆっくり勉強してみると、ああ~これこういう意味だったんだ~と思うことができた。あの時もっと自分で時間とって勉強しておけばよかったなと思わなくはないけど、まあ、いま少しずつでもやっていっているので良しとしよう。

あと一冊、この本はやっておきたいなあと思うのがあるので、これからはその本での勉強を進めつつ、ちょっと自分用に小さなアプリを作っていこうとしている。いまはまだ、こういう機能がほしいな~とか、こういう感じでつくるのかな~と、思いを巡らしつつ、お絵かきをしている段階。なんかついついいろいろ詰め込みたくなってしまって、あ~あという気持ちなる、けど、詰め込むのをやめられない…何を削ればいいのだろう…という感じになってしまう。自分で一から作るって難しいんだなあというのを既に実感しているところ。けど、自由でとっても楽しいなという感じももちろんある。

今日はコンサートへ出かけた。いろんな和楽器奏者の人が、持ち時間30分ぐらいずつで曲を聞かせてくれる。もともと聞きたいと思っていた演奏以外にも、良い演奏がたくさんあった。ある演奏家の人が言っていた、「伝統に忠実にやっていく人、伝統を守りつつすこしアレンジしていく人、ぶっ壊してやっていく人、全部のタイプの人がいてこそ」みたいな。とても良い話だったと思う。自分のスタイルを持ちつつ、ほかのスタイルも尊重している方なんだという感じがした。歴史や現状を把握して、自分がしてきたことやしていることをそのなかに位置付けられているんだろうなあ…。私もそういう風に社会の中で生きていきたいものだな~。

20170908 パターソン、お買い物

有給休暇。

久しぶりに映画でも見ようということで、パターソンを見てきた。犬も人もかわいい映画だった。普通の日が流れて行くなかで、いろいろ見つけて、それを書き留めて、という生活をわたしもしたいと思った。あと、すきな人と一緒に暮らすってきっとすばらしいことなんだろうなという思いが高まった。

映画の後は、小さな用事を済ませて、それからお買い物へ。お出かけ用の洋服と、仕事用の洋服を買った。

20170906 やっていくぞ、という決意表明

やっていくぞ、という気持ちになっているので決意表明する。

 

これまでと現在の状況

SIerへ新卒で入社して数年、客先に常駐して、わりと厳しい状況のプロジェクトで仕事している。プログラミング未経験で入社。自分の上司に当たる人たちが多忙なことなど、たぶんいろいろな事情があって、これまでしてきた仕事は単純作業が多い。簡単なプログラムの改修をしたことが数回、あとは基本的にテストの仕事をしているか、暇を持て余しているか。

入社以来、落ち込んだ気持ちで過ごすことが多かった。原因っぽいものはいろいろある。作業量が増えて、労働時間が長くなる時期が不定期に来ること。数か月単位で所属するチームが変わったこと。友人や会社の同期に比べて自分の置かれている環境が良くないように感じられたこと。与えられる仕事が単純作業ばかりだったこと。業務も仕様もよくわからないまま作業をしていたこと。出社しても仕事がない時期があったこと。何もできない自分に自信を無くしているのに、周りからは "優秀な若手あつかい" を受けたこと。などなど。

状況がだいぶ安定してきたのとともに、気持ちも上向いてきたのが、今年の初夏のこと。自分と仕事との関係をもっとよくしたいという気持ちで、少しずつ勉強を始めた。できるだけ毎日、短い時間でもプログラミングや語学を勉強するようになった。

 

勉強しながら変わっていったところ

なかなか驚くような成果は出ないけれど、夏が過ぎて、秋が来ようとしている今も、こつこっと勉強を続けている。プログラミングにしろ、コンピュータの仕組みにしろ、語学にしろ、学ぼうとしているものはものすごく奥深く見える一方、今の自分があまりに未熟に、そして、自分の努力もとてもちっぽけなものに感じられて、足がすくみそうになる。けれど、お祈りするような気持ちで、毎日机に向かってきた。

初めのうち、「負けたくないです」って祈るような気持ちだったと思う。置かれている環境や、周りの人間に。けど、いまは違う。いまは、「自分好みにデザインして作り上げたものを使って生活をしたい」「自分が作ったものを人に見てもらいたいしあわよくば使ってもらいたい」「いろんな場所へもっと身軽に行ってみたい」みたいな目標があって、そういうことができる自分に少しでも近づけますようにとお祈りする気持ちだ。

こういう気持ちは、勉強しているうちに、プログラミングや語学の面白さみたいなのを、少しずつ感じるようになったことで出てきたものだ。これ面白いな~と思う気持ちを起点にして、自分がしていきたい生き方とか生活の仕方が浮かび上がってきたと思う。

 

これからのこと

「自分好みにデザインして作り上げたものを使って生活をしたい」「自分が作ったものを人に見てもらいたいしあわよくば使ってもらいたい」「いろんな場所へもっと身軽に行ってみたい」みたいな目標がある、と書いた。これらの目標は、ものすごく包括的に言うと、「世界を自分のものにしたいな~」みたいな感じの目標だ。言葉にすると、バカみたいな目標で、なんだか少し恥ずかしい。けど、この目標のことを考えると、挑戦してみたいことがいろいろ湧いてくるし、挑戦する気力や、コツコツと勉強や練習する気力も出てくる。プログラムと語学の勉強を続けていこう、年内を目標に自分が作ったものを公開するぞ、それに本をたくさん読もう、布を染めたいな、土を練ってみたいな、縫物ちくちくしようなどなど…。

ここへ、会社での仕事もうまく位置付けられたらいいと思う。今の自分にはまだ難しいけれど。いずれは、会社で仕事をする時間も、なりたい自分になっていくための大事な時間だと思えるようになればいいなと思う。そして、仕事以外の時間での活動が、会社での仕事の役に立っていけばいいなと思う。

長い道のりかもしれないけれど、やっていくぞという気持ちだ。